新婚などで2人暮らしをする住まいの広さ

住まい選びで重視するのは「日当たり」 結婚をしたときにいきなり子供がいることもいます。相手に子供がいる場合もあれば妊娠しているときに結婚をすることもあります。生活の仕方としてかつてのように結婚をしないと一緒に生活しない時代ではありません。結婚前から親も公認で同棲をすることはあります。事前に同棲をしている場合は結婚後もそのまま住み続けることが多くなります。

新婚の場合は多くは2人暮らしになります。この時に選ぶ住まいの間取りです。1Rや1Kとなると2人で住めないところも多いのでそれ以上になります。1LDKから2DK、2LDK,そして3LDKくらいまで選ぶ人がいます。1LDKでも住めないことはありません。くつろぐところがあり寝室もあります。子供ができれば部屋を変えないといけないでしょう。

多いパターンとしては2LDKがあります。部屋が二つあるのは収納のことも考えてでしょう。女性の場合は服をたくさん持っている場合がありその場合に一つの部屋だけでは収納が難しいことがあります。また購入をするなら将来の子供のことを考慮する必要があります。最初は2人で生活をして子供ができたら一つを子供部屋にすることができます。2人の所得が高かったりすると3LDKなどに住むこともあります。